もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

一般病院で看護師夜勤専従(^_-)日給4万円以上の高額求人

      2017/04/11

1・一般病院での看護師夜勤バイトについて

pixta_13592881_S

高額夜勤求人の多い一般病院での看護師夜勤バイトについて見てみましょう!

一般病院と言っても、急性期・慢性期・終末期・回復期とステージは様々です。

各ステージによって、医療ケアの内容や、必要な看護技術も変わってきます。

夜勤バイトを選ぶ際に気を付けるポイントや、夜勤の看護業務について説明します。

1-1・一般病院の夜勤バイトの看護業務について

 

一般病院の夜勤バイトの募集は、ほとんどが私立・民間病院です。

公立病院での募集はごくわずかです。

民間病院・私立病院は各病院独自のルールや、業務内容があり、同じ科であっても違いが大きいと感じます。

業務内容は、病院の規模や看護師の配置人数にも左右されます。

規模の大きな病院はスタッフの人数も確保されている事が多く、夜勤の看護師配置人数も3人または4人となっている事が多いです。

これが規模が小さめの病院となると、夜勤の看護師配置人数は2人となったり、看護師2人+看護助手1人になったりします。

夜勤は限られたスタッフで働くので1人1人の負担や責任は大きくなりますよね?

限られたスタッフで業務をこなすので、看護師1人1人の業務量はどうしても多くなります。

これが、看護師2人体制や、看護師2人+看護助手1人と言う事になると、ますます看護師1人1人の負担は増えてしまいます。

急変やステルベンがあっても看護師2人では対応がしきれません。

看護師2人で手を取られていると、その間にせん妄の患者さんがベッドから転落したり、点滴を自己抜去したり、BTを自己抜去したり・・・・。

看護師の人数が少ないと防げるはずの医療ミスが防げない事もあります。

また、看護師2人+看護助手1人の場合は、看護助手は医療ケアは出来ませんから、ナースコールに出てくれたとしても看護師に要件を伝える事がほとんどです。

痛みどめが欲しい・・・眠剤が欲しい・・・意識が低下した・・など、患者さんの訴えやイレギュラーな出来事に対処しきれません。

夜勤バイトで一般病棟に入る場合は、夜間の看護師配置人数を確認して、出来れば看護師3人体制の職場を選んだ方が良いと思います。

一般病院では、雑務を看護師が行う事が多く、特に夜勤では雑務に追われて仮眠も休憩も取れないと言うケースが多いのです。

夜勤バイトを希望する方は、夜間の看護業務の内容・看護師の配置人数について必ず確認しましょう(^_-)

1-2・一般病院の夜勤バイトは未経験は可能?

pixta_6518547_S

一般病院と言っても業務内容には大きな違いがあります。

医療ケアが中心の病棟もあれば、医療ケアがほとんどなく医療よりも介護に重点を置いた職場もあります。

一般病院は介護系の施設に比べると医療ケアが多いのですが、介護系の施設の中でも老健のように一般病院並みに医療ケアが多い職場もあります。

全く経験した事のない科で夜勤をする事も可能ですが、医療ケアや難しい看護ケアが必要な職場は避けた方が良いと思います。

難しい看護ケアや医療ケアは経験を積まなければ出来ない部分が大きいですし、夜勤の少ないスタッフの中で分からない業務を任されていると、医療事故に繋がる恐れがあります。

求人票では「未経験可」と書かれている事が多いのですが、経験は少しでもあった方が安心なのは確かです!

夜勤に入る回数や、看護師としての経験年数、職場の業務内容にも左右されるので、未経験=危険とは言い切れませんが、事前の確認は必須です(^_-)

夜勤業務に入る前に、慣らし日勤を設けている職場もあります。

1人1人のニーズに合わせて慣らし日勤を免除してくれる職場もありますが、全くの未経験の職場に慣らしをせずに入られても、職場にも負担が掛かってしまいます。

慣らし日勤が難しいと言う方は、夜勤時にマンツーマンでのサポートはあるのか、夜勤の業務指導はどのように行っているのかを事前に確認する事をお勧めします!

1-3・一般病院と介護系施設での夜勤バイトの違いは?

pixta_5275659_S

一般病院と介護系施設との大きな違いは、「看護師の配置人数」でしょうか。

病院の中でも看護師の配置人数が少ない職場もあります。

リハビリ病棟、長期療養型病棟、精神科病棟などは看護師の配置人数が少ないですね。

介護系施設も同じく看護師の配置人数が少ない職場が多いです。

介護系施設の中でも比較的に看護師配置人数が多いのが老健です。

逆に少ないのが、老人ホームなど医療ケアが最小限の施設です。

一般病院では、夜勤看護師は2~4人の職場が多いですね。

救急や集中治療室などは日勤帯とほぼ変わらない人数が配置されています。

夜間の看護師配置人数が少ない職場では看護師1人1人の業務量は増え、責任も大きくなります。

介護系の施設は高齢者が対象なので、イレギュラーな出来事も多いです。

ほとんどの方が基礎疾患を持っているので、特に冬場は急変やステルベンが立て続けに起きる事が多いです。

介護系の職場は、「合う合わない」が大きいと良く聞きますね。

医療に集中出来ないと言う意見もあります。

介護や雑務が中心となる事が多く、看護師の役割が日常生活の援助が中心となります。

入所者の健康管理が主な仕事ではありますが、業務としてはほとんどが介護に関する事です。

医療ケアが少ないため、技術が育たない、経験が詰めない、スキルアップが難しいなどのデメリットもあります。

その反面、難しい医療ケアや看護技術が必要ないので、精神的にはとても楽です。

基本的な看護技術があれば仕事が成り立つので、ブランクが長い方でも安心して働くことが出来ます。

一般病院は医療が中心ですし、特に急性期は治療がメインです。

治療があり、その先にADLの向上やその人らしい生活があります。

医療者は治療をメインで取組み、病棟の回転率も考えなければなりませんから、職場はとてもシビアですし、短期間で患者さんが入れ替わるので、1人1人の患者さんとの関わりを重視するナースにとってはハードな環境です。

一般病院も介護系施設もメリット・デメリットはあります。

夜勤に限っていうなら、一般病院の最大のメリットは「高給」と言う事です。

介護系施設に限っていうなら「精神的に楽」と言う事です。

高給だけど精神的にハードな職場を選ぶのか、給料は安いけど働きやすい職場を選ぶのか、それは1人1人のニーズによって異なります。

とにかく高額な求人が良い!と言う方は、一般病院の急性期病棟が良いですね。

給料よりも安心して働ける職場が良いと言う方は、老健または老人病院がおススメです。

老人ホームは、看護師1人対応の施設が多く、急変時の対応を迫られる場面が多いのです。

老人ホームのナースは、業務量は少ないです。

でも、急変やステルベンなどがあった時は、1人で全て対応しなければなりません

経験を生かして、受診の必要性はあるのか、ドクターコールはいつするのか、患者さんの既往や基礎疾患を理解して病状の把握が出来るのか、家族への対応は出来るのか・・・・1人で請け負うには責任が重いと言う気がします・・・。

老人ホームのナースは短期間で辞めてしまう・・・と言われる理由も分かるほど、現場は大変だと思います。

職場には何を重視するのか?それによって職場選びをしましょう!

2・一般病院での夜勤バイトの口コミ

20110602224843-10S

2-1・整形外科専門病院での夜勤バイト

私は整形外科の専門病院で夜勤バイトをしています。

月に4回ほどの夜勤業務です。

1回3万2千円の給料で、田舎の病院にしては高額で満足しています。

私は整形外科の経験は全くなく、疾患名やオペ式も全く知らないままに入職しました。

この病院を選んだのは、子供を院内保育園に預けて働きたかったので、24時間の院内保育園がある病院と言うのが必須でした。

病院には24時間365日対応の院内保育園があります。

夜間の利用は少なく、息子1人だけの時もありますが、それでも保育士さんは2人で対応してくれます。

夜勤は16時間と長いですが、寝るまで沢山関わってくれますし、同年代の子供と沢山遊べるので子供は喜んで保育所に通っています。

院内保育園がとても良い雰囲気で、安心して子供を預けられるので仕事に集中できますよ(^_-)

業務の方は、やはり全く未経験の科と言う事で、最初は戸惑いが大きかったです。

私は内科系の病棟の経験しかなく、急性期の外科系の病棟は初めてです。

整形外科は交通事故の方、若い患者さんが多いと言うイメージを持っていましたが、全く逆で高齢の方が多く、膝や腰の疾患を抱えてオペ目的で入院される方がほとんどでした。

80歳近くで腰椎のオペをする方も多く、術後はせん妄になって認知症様の症状が出たり、基礎疾患の管理が難しかったり・・・高齢でのオペはデメリットや危険も大きいですね。

私が勤めている職場はオペが中心なので、毎日8人前後の入退院があり、8件前後のオペがあります。

腰椎や膝関節のオペが中心で、9時のオペ開始から、遅いと21時ころまでオペが終りません。

高齢の方はオペ後の安静度が離解できずに動いてしまい、創傷部が離解してリオペになったり、肺梗塞になって緊急転院となったり・・・トラブルも多いものです。

夜勤はオペ後の管理に追われる事になります。

夜勤ナースは3人対応ですが、週に1~2回は看護師2人+看護助手1人となります。

看護助手さんはとても良く動いてくれますが、やはり医療ケアは出来ませんから、看護師2人でオペ後の管理をする事になります。

オペ中心の職場では夜勤ナースは最低でも3人は欲しいのが本音です!

整形外科の夜勤バイトは想像以上に大変です。

ADLが低い方が多いので、日常生活の援助、トイレや食事の介助など、体を使うケアが多く心身ともに疲れます。

それに加えてオペ前後の看護もあるのでハードですね。

オペが多い日やリオペがあった日は、休憩や仮眠がほとんど取れません・・・。

夜勤明けはヘトヘトで仮眠を取らないと体が持ちません・・・。

早く子供を迎えに行きたいけど、体が疲れて動けないんです。

院内保育園は夜勤明けは17時まで利用が可能なので、家に帰って仮眠を取ってから夕方にお迎えに行くようにしています。

長時間子供を預ける事に罪悪感を持つ事もありますが、素晴らしい保育士さんや素敵な同僚ナースにも出会えて、息子も沢山成長しましたし、何より楽しく保育所に通ってくれているので、頑張れる間は頑張ろうと思っています。

2-2・総合病院内科病棟の夜勤バイト

私はベッド数500床ほどの総合病院の内科病棟で夜勤バイトをしています。

月に4回以上から可との事で、週に1回夜勤に入っています。

夜勤のシフトは基本的には自由に入れられます。

夜勤で出勤した時に、他のスタッフの方と同じように出勤や休み希望にチェックを入れます。

希望はほぼ100%通りますよ!

今は内科病棟で勤務しています。

内科と言っても、消化器内科・呼吸器内科など疾患も様々です。

私はもともと内科勤務をしており、その時は呼吸器内科・血液内科の病棟でした。

呼吸器も血液も命に直結する問題を抱えている事が多く、急変やステルベンも多いですね。

高齢者が多いので寝たきりの方や、ADLが低い方も多く、オムツ交換や体向なども多いです。

吸引が必要な方も多く、気切をしている方、呼吸器管理の方も多いです。

現在の職場は2交代制で、夜勤ナースは3人体制です。

必ず看護師3人での業務と決まっており、看護助手が夜勤に入る事はありません。

38床の病棟を看護師3人で受け持ちます。

フリーの看護師はおらず、3人とも部屋持ちをします。

3人が部屋持ちなので、それぞれ重症度の高い患者さんや、体向やオムツ交換・寝衣交換などの際には他のスタッフに力を借ります。

病院によっては1人はフリーのナースで、残りの2人で部屋持ちにしている場合もありますね。

私は全員で部屋持ちをした方が効率が良い気がします。

緊急入院などの際には、重症度の高い患者さんを受け持っているナース以外が受ける事になっています。

リーダーが1人いるので、それぞれに指示を出してくれますよ。

今の職場はママさんナースが比較的に多く30代が中心の病棟です。

24時間の院内保育園があるので、そちらを利用して夜勤をしているナースが多いですね。

そのため、出勤はギリギリの時間で余計なサービス残業はしません。

夜勤明けもさっさと日勤に申し送りをして帰るので残業はほぼありません。

皆さん仕事がスピーディで、お互いをカバーし合っているので、仮眠も休憩もしっかり取れます。

たまに落ち着いた夜勤の時は仮眠3時間ずつ取ったりしています。

落ちつている時とハードな時の差が激しく、一晩で複数のステルベンや急変が重なる事もあります。

ハードな職場ではありますが、夜勤バイトの私を受け入れてくれて、しっかりサポートしてくれますし、職場の人間関係や雰囲気が良いので長く続けられそうだなと思っています(^_-)

2-3・民間病院外科系病棟の夜勤バイト

私は一般外科病棟で夜勤バイトをしています。

中規模の民間病院ですが、独自のルールが強い病院だなと言う印象です。

田舎の病院なので、急性期病院の位置づけですが、慢性期や療養の方も入院しています。

転院先が決まらずに長期入院されている方も多いです。

外科系病棟ですが難しいオペはありません。

アッペのオペの方が多いですね。

外科系病棟ではありますが、他の科が満床の際には外科系の方以外も入院されます。

先日は婦人科系の疾患の女性が入院されました。

子宮頸がんで抗がん剤を使っています。

外科系・内科系も合わさり混合病棟のようになっています。

外科系であってもオペが中心ではなく、大きなオペが終り集中治療室と急性期の外科病棟で過ごした患者さんが在宅に向けて入院される場所なので、医療ケアも少ないですし、ADLが低い方も少ないです。

私が以前勤めていた外科病棟は、雅から晩までオペの繰り返しでオペ前後の看護に追われていました。。。

私はそのハードな環境と、緊張感のある毎日に疲れて退職してしまったのですが、現在の職場は同じ外科系の病棟なのに雰囲気が全く違います。

一般病院ですから医療ケアもありますし、難しい看護ケアもありますが、夜勤は比較的に業務量が少なく座って仕事をしている時間が大半です!

やはり職場選びって大切だな~と思いますよ(^_-)

2-4・急性期病院循環器病棟の夜勤バイト

2-5・公立病院小児科病棟の夜勤バイト

 - 日給4万円以上の夜勤求人

スポンサードリンク

スポンサードリンク