もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

クリニックでの夜勤単発バイトの口コミ(^_-)

      2016/08/20

dcfbdeb053559951e79f1bad887e740c_s
有床クリニックでは夜勤バイトの募集があります。

眼科や消化器科、内科、外科などでは夜勤バイトのあるクリニックがあります。

私は10床のベッドがある内科・小児科クリニックや眼科クリニックで夜勤単発バイトをしていました。


内科・小児科クリニックは外来がメインですが、夜間診療のあるクリニックだと、長時間の点滴が必要だったり、状態観察が必要な場合は翌朝まで入院してもらう事もあります。

私がいた内科・小児科クリニックでは主に乳幼児の入院が多かったです。

特に持病のある子供が多かったですね。

例えば喘息の既往のある子供が夜間に呼吸困難になる点滴管理や酸素投与が必要になったケースや、既往のある抵抗力の弱い子供がインフルエンザになり状態悪化の危険性があるケースなどです。

夜間救急のある規模の大きなクリニックでは10床ほどのベッドを用意しているクリニックもあり、夜間は病棟担当をする事もあります。

病棟に患者さんがいなければ外来のサポートをします。

一般病院のように、病棟と外来の業務が明確に分かれているのではなく、病棟に患者さんがいる時や入院の対応がある時のみ病棟担当の看護師がつきます。

各地域に1つは有床クリニックがあり、夜間救急を行っていると思います。

そのような施設では夜勤バイトナースを常時募集している事が多いです。

私の場合は、近くの有床クリニックでしたが、ハローワークなどには求人は出ていませんでした。

看護師求人サイトの非公開求人で見つけましたよ。

非常勤ナースも多く、初めての夜勤でも他のナースの仕事を見ながら業務をしたり、上手に声掛けしてくれるので特に困る事もありませんでした!

私は一般病院の病棟勤務の経験が3年ほどありますが、それ以降は常勤での経験はなく、経験は浅い方だと思います。

小児科も内科も経験はありませんが、全く問題なく夜勤単発バイトをこなす事が出来ました。

他にも眼科クリニックでの夜勤単発バイトもしていました。

眼科クリニックの場合は有床と言っても、白内障オペがある曜日のみ夜勤があると言う感じで、夜勤ありの業務は週に1回水曜日のみと決まっていました。

クリニックの看護師は夜勤不可の看護師が多いので、夜勤単発バイトナースは重宝されますよ!

私は看護師求人サイトに登録していたので、新しい求人がある度に紹介をしてもらえたので、求人を探す手間が省けて助かりました。

眼科の経験は全くありませんし、オペ後の管理も全く予想出来ませんでしたが、眼科での夜勤は難しい業務は一切ありません。

白内障のオペを行う方は高齢の方が多いので、基礎疾患を持っている方が大半です。

オペに伴い内服を制限する事はありませんが、オペ後は患部を眼帯で保護されているので視界が悪く、たくさんの内服をしている方だと管理が難しいのです。

また食事やトイレにも不便が出てしまいます。

オペ後は2時間置きの抗生剤点眼の必要もあるので、高齢の患者さんの場合は管理が必要となります。

ご家族が同居されているケースでは当日帰宅も可能ですが、高齢者世帯や独居の方の場合は宿泊でのオペとなる事もあります。

オペ後は痛みが出たり、体調不良となる事もあるので病院の方が安心だと言われる方もいますよ。

白内障のオペは予後も良好で副作用が出る事も少ないのですが、オペ後の合併症ととして気を付ける点がいくつかあります。

1)眼圧の上昇

眼圧上昇に伴い、頭痛・嘔気・眼痛などが現れる。

眼圧の上昇に対しては眼圧を下げる点滴や内服を行います。

眼圧上昇の症状はオペ中ではなくオペ後に起こるので、入院でのオペなら安心である。

2)患部の感染

患部の痛み・かゆみ・腫れなどが起きる。

オペ後は定期的に抗生剤の点眼をするが、上手に点眼が出来てなかったり、糖尿病などの既往歴がある方がの場合は症状が出やすい。

抗生剤の内服や点滴で様子を見る。

3)視力低下

レンズの入れ替えが必要になるケースもある。

慎重な観察が必要である。

4)乱視

オペの手技的に乱視が起きやすくなる。

術後3か月ほどで症状が安定すると言われてる。

矯正眼鏡による治療を行う。

クリニックでのオペは限られた種類のオペしか行われないので、慣れてしまえば難しい事はありません。

未経験であってもすぐに業務に慣れる事が出来ますよ!

 

 

 - 未経験歓迎の夜勤の看護師求人

スポンサードリンク

スポンサードリンク