もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

救急医療センターの夜勤専従は素早い判断と行動が求められます!(´・Д・)」

      2016/08/19

pixta_11071652_S
私は、夜勤専従バイトで月に数回、救急医療センターの夜勤をしています。

夜間の救急医療センターって、色んな患者さんが受診に来たり、救急搬送されてくるので結構大変です(;´Д`A

仕事を始めたばかりの頃は、交通事故の救急搬送の患者さんの最初の見た目でショックを受け、絶句したまま立ち尽くしてしまいました。


ベテランナースに気合いを入れられ泣きそうになりながら仕事をしたのを今でも忘れませんね。

病棟での経験は10年ほどあった私ですが、内科病棟の経験しかありませんでしたし、救急外来に入院患者さんを迎えに行ってからの対応で、そういった現場に居合わせることはありませんでした。

医療系ドラマさながらのシーンが目の前で繰り広げられることに、しばらく戸惑いがありましたが、瀕死の患者さんが緊急対応で生命の危機から脱した瞬間は、本当に医療って素晴らしい!って思いました。

冬場は、発熱の患者さんが多く、赤ちゃんから高齢者まで幅広い年齢層の患者さんがきますし、感染症の流行する時期はものすごい混みようなんです。

患者さんも待たされイライラしていて八つ当たりされるのは、ちょっと辛いなぁ…(u_u)

また、中には急性アルコール中毒で運ばれ、酔っ払いの仲間たちがドヤドヤとおしかけてくることもあったり、酔ってるから叫んだり暴れたり迷惑なこともあります。

夜間は、自宅で急変する高齢者の方も多く、救急医療センターで亡くなる方も多く、病棟勤務の時以上に人の死に直面することが増えましたね。

とにかく幅広い知識と、観察力、素早い判断、対応が求められる救急医療センターでの仕事は学ぶ事が沢山ありますよ(´・Д・)」

救急医療センターでは、病棟のように経過をみながら治療を行うということがないので、患者さんとの関わりはその時だけ…。

けれども、その短い時間での関わりがとても濃いものだといつも感じています。

その時の対応が、患者さんのその後を左右するわけですから、緊張感がありますね。

月に数回のバイトですが、看護師として良い経験になっていますよp(^_^)q

 - 夜勤看護師の施設の種類

スポンサードリンク

スポンサードリンク