もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

小児科の看護師はどんな人に向いているかな?必要な知識を教えて(^_-)-☆

      2016/08/17

8b790913559baff3df6ea09a9b9ceb26

子供好きな看護師さんにおススメ小児科

小児科の看護師に向いている人は、やはり子供が好きな人ですね。
小児科の看護師は、他の診療科以上に体力も使いますし、バイタル測定や採血、点滴、検査、処置、どれをとっても成人相手の診療科の看護師以上に工夫や配慮が必要になります。
子供は泣いたり抵抗したり、スムーズに医療者の言うことを理解してくれませんから、苦労も多いですね。

小児科は子供が好きでなければつらい診療科

そういった子供を相手に毎日仕事をするわけですから、子供が好きな人でなければ辛い仕事になります(>_<)
また、小児科での仕事は子育て経験のあるママさんナースにも向いていますね。
子供の特徴は子育て経験者の方が理解しやすいし、扱いにも慣れていますね。
子供の泣き声で空腹なのか、眠いのか、痛みがあるのか…そういった子供の状態から症状を把握するには経験が非常に大切になります。
小児科では、患者さんである子供だけではなく。患者さんの母親など患者家族の心情も理解し接していくことが求められます。
子育てを経験したことのあるママさんナースであれば、母親の思いに対しても理解しやすいですし、寄りそう事が出来ます。
子供の病気は、何よりも母親にとって辛いものです。
中には予後不良の疾患の子供をもつ母親もいます。
そういった子供を支えていく親を支えていくことが出来る看護師が求められますから、子育て経験者は患者家族にとっても心強いものになりますね(*^_^*)
小児科は、成人と違い細かく診療科が分かれていませんから、小児科で働く看護師は幅広い分野の知識を必要としますね。
また、小児は成人よりも体力や免疫力が弱く、生命に関わる事態も増えてきます。
そういった子供の特徴を良く理解することも大事ですね(^_-)-☆

 

小児科の患者さんの特徴を教えて(^^)/どんな疾患が多いかな?

 

小児科の患者さんは、新生児から中学生くらいまでを対象としています。
小児科病棟で入院する患者さんは、あらゆる疾患の患者さんがいます。
成人の場合は、内科や外科など診療科が分かれていますし、内科の中でも消化器内科や呼吸器内科、循環器内科などさらに分かれて、専門分野が沢山ありますね。

しかし、小児科の場合は疾患全般を診療しています。
小児科にも小児外科と分かれている場合もありますが、多くの小児科では内科疾患も外科疾患も取り扱っていることが多いですね。
ですから、小児科は非常に幅広い疾患を取り扱う事が大きな特徴になりますね(^^)
また、小児科の特徴として、小児科では対象が患者さんだけではなく、小児の親の存在がとても重要になってきます。
成人の診療科でも患者家族の存在は大事ですが、小児科では成人の診療科以上に配慮が必要になります。
治療や疾患についての説明は全て親や保護者を対象として行いますし、患者さん自身が幼いため意思をはっきり伝える事が困難になり、親や保護者の意見、同意を求める事になります。
入院の際は、患者家族の協力は必要不可欠で、付き添いとして一緒に寝泊まりすることも多いですから、小児科では患者家族の存在が非常に大きくなるんですね。
小児科の場合、患者家族の思いも非常に強く、些細なことでもクレームにつながりますから、対応には気をつけなくてはなりませんね(>_<)
大事な我が子の事となると、自分のこと以上に痛みを感じ、苦痛を覚える物です。
そういった親の精神的なサポートも他の診療科以上に必要とされるのも小児科の特徴になりますね。
小児科は可愛らしい子供が入院していることから、他の診療科以上に賑やかで笑顔のたえない明るい雰囲気がありますね(*^_^*)

 

小児科の看護師業務を教えて(^^)/

 

小児科の看護師業務も基本的には他の診療科と同じようにバイタル測定や、全身状態の観察、採血や点滴、診察の介助などがあります。
しかし、他の診療科と違い患者さんが小児なため、痛みや苦痛などの症状を的確に伝える事が難しいですよね(+_+)
ですから、小児科の看護師は他の診療科以上に患者さんの観察が大切になり、全身状態の観察から患者さんの状態を把握することが求められますね。

また、子供はドクターやナースに対して非常に恐怖心や抵抗感を持っています。
ですから、診察や治療、処置に対して抵抗が大きく、採血や点滴一つにしてもとても難儀します。
血管もとても見えづらいのに、泣いたり暴れたりしてスムーズに針を刺すことも出来ません。
しかも、点滴を外そうとしますから点滴の固定もシーネ固定をしながら、勝手に外すことが出来ないような工夫が必要になりますね。
検査なども、成人のようにじっとしていることが出来ませんし、治療や処置もそうです。
そういった時は家族の協力が重要になりますし、他のスタッフとの連携も必要になりますね。
また、小児科は子供だから何も分からないだろうと医療優位な考えになってはいけません。
たとえ相手が子供であっても、子供でも分かりやすいような説明をしたり、力ずくで抑えるのではなく、出来るだけ恐怖心をなくし、治療や検査がスムーズにできるよう声かけなど行う必要になりますね。
ですから、小児科では看護業務が他の診療科以上にスムーズに行われず、スタッフの人数も必要になるのです。
また、看護師は患者さんである小児だけではなく、小児に付き添う患者家族へも心配りが必要になりますね。
寝る間も惜しんで子供の看病にあたり、肉体的にも精神的にも疲労を感じています。
ですから、家族へのフォローも小児科看護師の大事な仕事になりますよ!(^^)!

 - 夜勤の診療科

スポンサードリンク

スポンサードリンク