もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

耳鼻咽喉科の患者さんの特徴は?多い疾患はなんですか(・・?

      2016/08/17

pixta_9633287_S

耳鼻咽喉科の患者さんの特徴は?多い疾患はなんですか(・・?

 

耳鼻咽喉科では、耳、鼻、喉、顔から首にかけての部位に関係した疾患を治療する診療科です。
耳鼻咽喉科では、内科的な治療と外科的な治療があり、入院加療を必要とする患者さんは手術などの外科的な治療を必要とする場合が多いのも特徴ですね。
耳鼻咽喉科で多い疾患は、中耳炎や内耳炎、難聴、メニエール病、顔面神経麻痺、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、咽喉頭炎、扁桃炎、睡眠時無呼吸症候群、味覚障害、声帯ポリープ、咽頭腫瘍、耳下腺腫瘍、甲状腺腫瘍、顎下腺腫瘍などがありますよ。


こういった疾患の中でも入院加療を必要とするのは慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、慢性副鼻腔炎、声帯ポリープ、声帯結節、扁桃腺肥大などの患者さんですね。
耳鼻科では手術が多いのですが、医療の進歩によって手術が簡易的になり、日帰りでの手術もだいぶ増えています。
昔は、鼻の手術は脳と近いため危険を伴ったと言われますが、医療が進歩し安全で簡単な手術になっていますね。
耳鼻咽喉科では、子供から高齢者まで幅広く対象となっていますし、とくに中耳炎など子供に多い疾患です。
小児科で治療をしていてもなかなか治らないという時など、耳鼻科で治療をしたらすぐ良くなったということもあります(^O^)
また外来も含めると、耳鼻咽喉科は風邪症状も多く、季節によって患者さんが増えるのも特徴ですね。
鼻水の多い風邪や、喘息症状、アレルギー性鼻炎や花粉症など、日常的に受診することの多い診療科となっています。
最近では、食道や気管、甲状腺のある咽喉部から頭蓋内、頭蓋底へと対象領域を広げる
耳鼻科も増え、専門性も高くなっていますね。
総合病院では、耳鼻科での入院患者さんが少ないため、混合病棟になっていることが多いですよ(^^)/

 

耳鼻科の看護師の業務内容を教えて!(^^)!

耳鼻科病棟では、一般的な病棟業務と同じようにバイタルサインの測定や採血、点滴、回診の介助、服薬管理などの看護業務と、食事や排泄、清拭などのケアがあります。
耳鼻科で入院している患者さんの多くは、手術などの外科的な処置が多くなります。
耳鼻科の手術では簡単な手術も多く、短期間や日帰りの手術も多いですね。

慢性中耳炎の手術では鼓室、鼓膜形成術、声帯ポリープに対しては咽頭マイクロ手術、アレルギー性鼻炎に対しては副鼻腔炎に対しては副鼻腔内視鏡手術などがあります。
耳鼻科で行われる手術や検査には専門的な医療機器などが使われ、そういった取り扱いも多くあります。
耳鼻科での入院では手術のための入院も多いため、術前、術後の看護が多くなりますね。
術前では、手術の説明や術前の検査などの介助があります。
オペ出しのあとは、ベッドメイキングなど行いオペ迎えの準備も必要になりますね。
オペ後は他の診療科同様、こまめなバイタル測定や全身状態の観察があります。
内臓などの手術に比べ、オペ後の急変などは少なく、外科などの病棟に比べるとオペ後管理もハードなものではありませんよ(^^)
オペ後も早期に離床が可能なケースが多く、術後の生活面でのケアも少ないですね。
咽頭腫瘍などのオペ後は化学療法や放射線療法などが行われるため、化学療法の準備やドクターの指示に従って施行などの仕事もありますね。
化学療法や放射線療法では副作用もあり、患者さんは不安もありますから施行前の説明や不安の軽減を図るためのコミュニケーションも大切になりますね(^_-)
また、科学療法や放射線療法では副作用もあり、副作用の出現時の対応もあります。
耳鼻科は、外来でも病棟でも専門的な治療が多く、専門的な医療機器の取り扱いが多くなりますね。

 

耳鼻咽喉科の看護師に向いているのはどんな人?必要な知識は?

 

耳鼻咽喉科では、鼻や咽頭、頸部など、首から上の部分での治療主になりますが、治療法としては内服や外科的治療になり、専門性の高い検査や治療が行われています。
ですから、耳鼻咽喉科で働く看護師もそういった専門性の高い知識を必要とされますね(´・Д・)」
耳鼻咽喉科では、他の診療科では用いられない特殊な医療機器を通り入れていますから、そういった医療機器の扱いに長けている看護師が向いていますね。

他の診療科に比べると、医療行為は少なくいとされているものの、外科的な治療も多く専門的なスキルが求められています。
病院によっては手術の介助もあり、知識や技術が必要となります。
ですから、そういったスキルを身につける向上心のある看護師が求められていますね。
また、耳鼻咽喉科では子供から高齢者まで幅広い年齢層の患者さんが対象になっています。
特にクリニックや外来では子供がとても多いという特徴があります。
ですから耳鼻咽喉科で働く看護師は子供好きであるとか、小児科経験者にも向いている診療科ですね。
また、耳鼻咽喉科では難聴の患者さんも多いですし、声帯のオペ後は発生出来ません。
そういった患者さんとコミュニケーションを図るのは難しいですよね(´Д` )
幅広い年齢層に対応出来るためにも、コミュニケーション能力の高い看護師の方が働きやすいですね。
耳鼻咽喉科では、内科や外科のように急変などが少なく、働きやすいイメージもありますが、たいていの総合病院では混合病棟になっていますから、他の診療科の患者さんの看護も必要されます。
ですから、耳鼻咽喉科での病棟ナースは看護師として幅広い知識が必要とされますね。
また、耳鼻咽喉科では咽頭腫瘍など悪性の疾患もあり、化学療法や放射線療法も行われています。
化学療法や放射線療法では副作用もあり、対応を求められますからそういった治療の知識も必要ですね。

 

 - 夜勤の診療科

スポンサードリンク

スポンサードリンク