もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

歯科口腔外科の看護師業務の内容を教えて!(^^)!

      2016/08/17

pixta_11493516_S

歯科口腔外科の看護師業務の内容を教えて!(^^)!


歯科口腔外科の病棟での看護師業務では、他の診療科同様バイタルサインの測定や、採血、点滴など一般的な看護師業務があります。
また生活面でのケアもあり、食事の介助、おむつ交換やトイレ誘導などの排泄のケア、清拭や入浴介助などの清潔のケアなどがあります。
歯科口腔外科での入院患者さんは、口腔内だけの症状で体は自由が利く場合も多く、他の病棟に比べると生活面でのケアは少ないほうですね(^_-)


歯科口腔外科では総合病院や大学病院では手術での治療が多いため、オペ前、オペ後の看護もあります。
総合病院ではオペ出しやオペ迎えなどを行いますが、病院によってはオペ介助を行うこともあります。
歯科口腔外科では舌癌や歯肉癌など悪性腫瘍の治療もあるため、化学療法や放射線療法を行う場合もありますね。
そういった場合は、ドクターの指示に従って抗がん剤の準備や、副作用の確認などの観察も必要になります。
化学療法や放射線療法では、患者さんの不安も大きくなりますから不安の軽減に努める必要がありますね。
また、歯科口腔外科では口腔ケアやブラッシングの指導、義歯の取り扱いなどの指導もあります。
クリニックでは歯科衛生士の仕事も、病棟では看護師が行っている場合が多いですね。
歯科口腔外科に入院している患者さんは口腔内の疾患を抱えていることから、うまく言葉を伝える事が難しく、もどかしい思いをすることもあります。
また、口腔内の疾患では、食事が口から取れない事もあります。
人間にとって美味しいものが食べられるって幸せなことですよね。
食事が取れない事は患者さんにとって苦痛も大きくなりますよね(>_<)
言葉で訴える事が難しい分、看護師が患者さんのニーズにこたえる事が出来るよう患者さんの観察を良く行い、患者さんがどんなケアを必要としているか察する事が大切になりますね。

歯科口腔外科の看護師に向いている人ってどんな人かな?必要な知識は(・・?

 

歯科口腔外科では外科的な治療も多く、病院によっては手術の介助なども看護師業務になります。
外科的な看護業務は得意不得意がありますから、外科的な治療や看護に興味のある看護師に向いている診療科ですね。
歯科口腔外科では、一般的な病棟に比べるとかなり特殊で専門的な知識や技術を必要とされます。

他の病棟での経験が長くとも経験をしたことのないような業務内容が沢山あります。
歯科口腔外科で使用される医療機器も特殊になりますから、医療機器の特性や使い方など覚えなくてはならないことが沢山ありますね。
ですから、スキルアップのために専門的な知識や技術を身につけたいと考えているナースも経験してみたい診療科ですね。
歯科口腔外科では、口の中の治療になりますから、治療中はうまく発音できず会話が困難になったり、食事を摂ることが出来なくなったりします。
会話がうまく出来ないと、自分の思いを伝える事も難しくなりますよね。
また食事が出来ないことは、かなりのストレスになります。
そういった患者さんの気持ちを理解し、苦痛の軽減に努めるには看護師のコミュニケーション能力が必要になりますね(^_-)
患者さんがうまく言葉を伝えることが出来ない分、看護師の腕の見せ所になりますよ。
歯科口腔外科でも舌癌や歯肉癌などの悪性腫瘍の患者さんがいます。
口の中の悪性腫瘍は自分で確認しやすい場所ですし、一番外見に影響する顔の中の癌ですから患者さんの精神的な負担は大きいですね(>_<)
治療や検査、予後に対する不安も大きくなりますから、患者さんが安心できるような、不安の軽減が出来るような説明や声かけも必要になります。
ですから看護師は疾患や治療に関する知識が必要になりますね。
うまく会話が出来ない、思いを伝える事ができない患者さんが多い歯科口腔外科では、患者さんの立場になって、患者さんの思いに心を寄せられるような看護師が必要ですね(*^_^*)

 

歯科口腔外科の患者さんの特徴は?どんな疾患が多いかな?

 

一般的に歯科というと、虫歯の治療を行うクリニックが多く歯科衛生士が働いている事が多く看護師は少ないですが、歯科口腔外科になると扱う疾患も多く入院加療もありますから、看護師も働く職場になりますね。
歯科口腔外科では、歯だけではなく、口腔内やその周辺に発症する様々な疾患を全般に治療している診療科になります。
歯科では歯の治療が主になりますから、外来診療がほとんどですが、歯科口腔外科では、外科的手術が必要になり入院での治療も多くなるんですね。

また、歯科口腔外科では他の診療科での入院治療中に、全身疾患に伴った口腔内の治療を行うこともあります。
また、耳鼻咽喉科で行う声帯ポリープのオペの際に歯科口腔外科でオペ中に使用するマウスピースを作ったりと、歯科口腔外科と連携することもあります。
歯科口腔外科で扱っている疾患には、舌癌や歯肉癌、顎顔面外傷、顔面骨折、顎関節症、口唇口蓋裂、口腔カンジダ症、ウイルス感染症といった疾患があります。
最近では睡眠時無呼吸症候群の患者さんも多いですね。
もちろん虫歯や歯周病も治療していますが、そういった場合は外来での治療がほとんどですね。
中には、ワ―ファリンなどの抗凝固剤を内服している患者さんは虫歯の抜歯の際に入院加療することもあります。
また、悪性腫瘍などの治療の際は、歯科口腔外科だけではなく他の診療科との連携も大事になります。
歯科口腔外科では、日帰り手術や短期間入院が多いですが、総合病院での入院の場合には、悪性腫瘍など重症度の高い疾患の治療では長期入院もあります。
総合病院や大学病院では歯科口腔外科だけでの単独の病棟ではなく、他の診療科との混合病棟として配置されていることが多くなりますね(^_-)

 - 夜勤の診療科

スポンサードリンク

スポンサードリンク