もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

婦人科の患者さんの特徴。どんな疾患が多いかな(・・?

      2017/10/17

pixta_5322402_S

婦人科の患者さんの特徴。どんな疾患が多いかな(・・?

 

産科や婦人科は産婦人科として一つの診療科として掲げられていることが多いですが、産科と婦人科では診療内容はだいぶ変わってきますね(^^)/
どちらも女性を対象としている診療科になりますが、産科は出産に関わる診療科であるため年齢層も限られてきますが、婦人科は女性特有の疾患に関する診療科であるため、初潮を迎える若年の女子から高齢者までが対象となっています。
婦人科で扱う疾患は、主に女性の子宮や卵巣、膀胱といった部分に関わる疾患になります。


婦人科の外来では生理不順や酷い生理痛など軽度の症状から、不妊症治療など様々な患者さんがいます。
閉経の時期になると発症する更年期障害も婦人科で診療の対象となる疾患ですね。
婦人科病棟では、入院加療の必要となる疾患で重症度の高い疾患の患者さんが増えてきますね。
子宮筋腫や卵巣のう腫の患者さんや、子宮がんや卵巣がんの患者さんも多く入院しています。
不妊治療のための入院患者さんも多いですね。
命の誕生に関わる産科病棟が笑顔で溢れ、明るく活気があるのに比べ、婦人科病棟では不妊治療でナーバスになっている患者さんや、癌の末期の患者さんも多く、産科の雰囲気とは全く異なってきますね。
婦人科の患者さんの中には、妊娠がきっかけで子宮がんに気がつき、妊娠を継続することが不可能になってしまった患者さんや、疾患を発症したために妊娠が不可能になってしまった患者さんなど、辛い思いをしています(+_+)
卵巣がんでは、幼児から高齢者まで幅広い年齢層に発症するため若い患者も多くいます。

婦人科の看護師はどんな人に向いているかな?必要な知識は(・・?

 

婦人科では、婦人科疾患や不妊症などを扱う診療科です。
婦人科疾患によって子宮や卵巣の摘出をしなくてはならない患者さんの中には、まだ出産の経験のない患者さんもおり、女性としての機能を失うことに大きな苦痛と悲しみを抱えている患者さんもいます。
不妊症の治療を行う患者さんもまた、子供が欲しという切実な思いから辛い不妊治療を受け、非常に大きな精神的な不安と負担を抱えていますね。

どとらも、人にはなかなか知られたくない事であったり、精神的にもナーバスになっている患者さんが多い病棟になりますよね(>_<)
そういった患者さんと関わる看護師は、他の病棟以上に患者さんへの心配りが求められますね。
婦人科の看護師はそういった配慮ができ、患者さんの不安や苦痛を軽減できるような対応ができる看護師が向いていますね。
患者さんは自分の辛い思いのはけ口もなく、看護師にその思いをぶつけてくることもありますし、いくら看護師が信頼関係を築こうとしても頑なに心を閉ざしてしまう患者さんもいます。
そういった時でも、感情的にならずに患者さんと接することのできる冷静さを持ち合わせた人にも向いていますね(^^)
患者さんが抱える不安を軽減するためにも、患者さんへの説明は非常に大切になります。
ですから疾患に関する知識や、検査、治療に関する知識は十分に身につけておく必要がありますね。
不妊症の治療は、少子高齢化を背景に医療範囲を拡大している分野です。
婦人科での仕事は、そういった知識を身につけスキルアップができますね。
また、女性として自分自身、大切な家族のためにも役に立つ知識を身につける事が出来ますよ(^^)/

 

婦人科の看護師業務を教えて(^^)/

 

婦人科での看護師業務には、バイタルの測定や全身状態の観察、採血などの検査や、点滴などの治療といった医療行為に加え、食事の介助やオムツ交換やトイレ誘導などの排泄のケア、入浴介助や清拭などの清潔のケアなどがあります。
また、医師の診察の介助や、オペ前の患者さんへの説明、オペ出し、オペ迎え、オペ後看護などもあります。
患者さんが女性しかいない婦人科では、男性医師の診察の際には必ず看護師の立会いが必要となり、デリケートな部分での診察ですから細やかな配慮が必要となりますね。

婦人科の患者さんにとって診察や治療は非常に抵抗感や不安感が強いものですね。
同じ女性として、患者さんの不安や抵抗感に気付き、できるだけリラックスしながら診察や治療を受けることができるような心配りが必要とされますよ。
そのためにも、患者さんとのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築くことが看護師の大事な役目ですね(^^)
また、婦人科では不妊治療も行っているため、不妊治療を行う患者さんの精神的なケアも大事ですね。
不妊治療を行っている患者さんは非常に大きなストレスを感じています。
女性として生まれて、子供を産むことができないということは非常に辛いことであり、また家族や親せきなどからの理解も得られにくい部分ですよね。
周囲の心ない言葉に傷ついたり、人には知られたくないデリケートな部分での治療でもあります。
妊娠が出来ないことでのストレスを抱える中、なかなか思い通りの結果が出ないことへの焦りや悲しみ…そういったことから、かなり精神的に追い詰められていますよね(>_<)
不妊治療は、治療にかかる時間も費用も大きく、精神的な負担だけでなく患者さんの生活全般に負担がかかっていきます。
婦人科の看護師は、そういった患者さんの苦痛や負担を考慮し、少しでもストレスを軽減できるような関わり方が求められますね。
業務で忙しい中でも、患者さんの話に耳を傾け、患者さんが安心して治療に専念できる環境を作ることも看護師の役割になりますね(^^)/

 - 夜勤の診療科

スポンサードリンク

スポンサードリンク