もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

救急外来の患者さんの特徴は?どんな疾患が多いかな(・・?

      2016/08/16

pixta_11071652_S

救急外来の患者さんの特徴は?どんな疾患が多いかな(・・?

総合病院や一般病院には救急外来があります。
救急外来は、24時間患者さんを受け入れしていて、特に一般外来の診療時間外の夜間や休日は沢山の患者さんがきますね。
救急外来を受診する患者さんは小児から高齢者まで幅広い年齢層の患者さんがいるのも特徴ですね。


救急外来に来る患者さんは様々な疾患や症状があります。
救急搬送されてくる患者さんは、救急外来での受け入れになるため、重症度の高い患者さんも多いですね。
脳出血や心筋梗塞など、重症度の高い緊急性の高い患者さん、交通事故によって大きな怪我をしている患者さんなどもいます(>_<)
意識レベルの低下している患者さんも多く、どのような症状がいつからなど分からず、非常に緊迫した空気がありますね。
救急外来に救急搬送されてくる患者さんの中には、氏名や年齢なども分からず、病院での診察歴があるか分からない状態の患者さんもいます。
何の情報もないままに、患者さんの状態を素早く判断して対応し、救命しなくてはならないのです。
救急外来の患者さんは、そういった緊急性が高く、生命の危険の高い患者さんが多いですね。
また、夜間の急な発熱、嘔吐、下痢、腹痛などの患者さんも多くきます。
特に、小児などは突然ぐったりすることも多いため、慌てて救急外来に子供を連れてくることもよくありますね。
特に冬場はインフルエンザや感染性胃腸炎などが流行するため、救急外来は患者さんで溢れています。
救急外来では、そういった感染症の患者さんも非常に多い事が特徴ですね。
救急車ではなく自力で来院する患者さんの中にも緊急性の高い、重篤な患者さんもいます。
救急外来に来る患者さんはどの患者さんも緊急性が高いのですが、その中でも一刻を争う事態の患者さんがいるため、看護師の観察力や判断力は大切ですね(^^)

救急外来の看護師はどんな人に向いている?必要な知識を教えて(^^)/

 

救急外来は、あらゆる状況に素早く対応できなくてはなりませんから、テキパキと機敏に動ける人に向いていますね(^^)
救急外来では、患者さんの問診、バイタルの測定、検査の介助、処置の介助、ルートの確保、病棟ナースやオペ室ナースへの申し送りなど素早く行わなくてはなりません。
救急搬送が立て続きに来ることもありますし、心肺停止で運ばれてくる患者さんもいます。

そういた状況で、患者さんの救命を行っていますから、非常素早い観察力、判断力、行動力が求められるのです。
最初の段階で、患者さんの重篤な症状を見抜けないと、患者さんの死につながる事もあるため、看護師の役割は非常に重要になってきますからね。
また、救急外来で働く看護師として必要な知識はとても幅広いものが求められますね。
救急外来では、疾患全般を受け入れていますし、患者さんの年齢も小児から高齢者まで幅広くいます。
夜間は救急外来を受診する患者さんも多くなりますが、看護師の人数も少なく、看護師一人一人の知識や技術は高いものが求められます。
ですから、看護師としてある程度臨床経験を積んでいて、知識や技術を持っている看護師の方が働きやすいですね。
救急外来では、緊急性の高い患者さんが多くいますから、救急看護の知識は必須ですね。
救急外来での対応で、患者さんの生命の危機を乗り越えられるかの瀬戸際になりますし、患者さんに大きな後遺症などが残るかどうかも大きく変わってきます
救急外来で看護師として働くのは、精神的にも肉体的にも非常に負担が大きく大変なもののなりますが、そこでの経験は必ず看護師としての大きなスキルアップにつながりますね!(^^)!

救急外来での看護師業務を教えて(^^)/

 

 

救急外来では、緊急性の高い患者さんが多く来ることから、24時間救急患者さんの対応をしています。
救急搬送で受診する患者さんも多いため、救急外来の看護師は患者さんの状態を素早く観察し、状況を判断、ドクターに報告しなくてはなりません。
一刻を争う事態の患者さんも多いのですが、救急外来の患者さんは意識レベルが低下していたり、小児や高齢者で自分の症状をうまく伝える事が出来ない場合も多くあります。

そういった患者さんの状態を、バイタル測定や全身状態の観察から優先順位を判断しなくてはなりません。
患者さんや、救急隊員からの情報収集も救急外来の看護師の仕事になりますね。
また、救急搬送の患者さんでは、心電図モニターを装着したり、酸素療法を行ったり、早急な対応が必要な患者さんも多くなります。
交通事故の患者さんで大出血があったり、早急な処置が必要になる場合もあります。
そういった場合に、ドクターが必要とする物品を予測して、素早く物品の準備を行ったり、酸素の準備をしたり、心電図を装着したり、ルート確保を行ったりと、機敏な動きが要求されますね。
また、救急外来では検査も多くあります。
救急外来では、診療科を問わず受け入れしますから、どの診療科の疾患か特定するために検査が必要になります。
ですから、そういった検査の介助もありますね。
インフルエンザや溶連菌など、外来で出来る簡易検査キットもありますから、そういった検査の介助もありますね。
また、救急外来を受診している患者さんは誰しも急な発病に不安を覚えていますし、待たされることに苛立っていたりしますから、そういった患者さんや患者家族への説明やフォローも救急外来の看護師の大事な仕事になりますね(^^)

 - 夜勤の診療科

スポンサードリンク

スポンサードリンク