もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

消化器外科の看護師ってどんな人に向いているかな?

      2016/08/16

pixta_13223214_S

消化器外科の看護師ってどんな人に向いているかな?必要な知識は(・・?

 

消化器外科は外科的な治療を行っていますから、オペ前オペ後の看護を学びたいと考えている看護師に向いていますね。
外科に分類される消化器外科ですから、急性期看護を得意とする看護師にも向いていますが、一般的な外科と違い、オペ後も化学療法や放射線療法を必要とする患者さんが多く、患者さんとじっくり関わる事もできます。
一般的な外科では、患者さんの入退院も短期間で、じっくり関わる事が少なくなりますが、消化器外科ではオペ後も数週間から長期にわたって入院加療を必要とする患者さんが多いためそれも可能ですね。


また、消化器外科では癌の患者さんが非常に多いのも特徴です。
ですから癌看護を学びたい、キャリアアップがしたいと考えている看護師にもお勧めの診療科ですよ(^^)/
消化器外科では、検査や手術が多いですから、検査や手術に対する不安を取り除くため患者さんが分かりやすい説明ができるよう、疑問に答えられ患者さんの不安の軽減ができるように正確な知識と、コミュニケーション能力が求められますね。
消化器外科では、消化器官全ての疾患が対象となるため、領域も幅広く、看護師は専門的な知識、技術を必要とします。
また、消化器官の手術を行った患者さんは、オペ後の生活も注意点が必要になってきます。
ですから、生活面での指導がしっかりと出来るよう知識も必要ですね。
消化器外科では、術後に化学療法や放射線療法を行う患者さんも多いのが特徴です。
化学療法や放射線療法の知識も必要になりますし、そういった治療には副作用も伴いますから対処方法の知識も必要になりますね。
消化器外科に入院する患者さんは、消化器系の手術を行うことによって、食事をすることができなかったり、排泄時に苦痛をともなったりと大きなストレスを抱えています(>_<)
そういった苦痛やストレスを軽減するスキルも必要とされますね!(^^)!

 

消化器外科の看護師業務を教えて(^^)/

 

消化器外科に入院する患者さんは、主に外科的な治療を行っていますから、消化器外科で働く看護師は手術前後の看護が主になりますね。
他の一般的な病棟と同じように、基本的な看護業務もあります。
バイタルサインの測定や、全身状態の観察、採血や点滴、検査の介助や診察の介助、服薬管理といった一般的な看護業務に加え、食事の介助や、おむつ交換やトイレ誘導などの排泄の介助、入浴介助や清拭などの生活面でのケアもあります。

消化器外科では、手術が多いため術前、術後の看護も大事な仕事ですね。
開腹手術など大きな手術を行ったり、消化器官の一部を失うことに不安がありますから、術前の説明や、精神的な面でのフォローはとても大切です。
術後は、こまめなバイタルの測定や、術後合併所の有無など観察が必要になってきます。
胃を切除した患者さんは、オペ後の食事摂取にも影響しますし、腸の切除の患者さんはスト―マを造設していたりと、食事摂取や排泄面での変化があります。
そういった患者さんは精神的な面でもサポートが必要になりますし、入院生活中や、退院後の生活面での指導、スト―マ管理方法など指導が必要になります。
また、消化器官の疾患の患者さんは、嘔吐や下痢が症状として現れやすく、嘔吐や、吐血、下血、食事の摂取状況、排泄状況をしっかり把握してドクターに報告することも大事ですね。
また消化器外科で治療を受ける患者さんは、癌疾患の患者さんも多いため、術後は術後も化学療法や放射線療法を必要とするケースが多くあります。
ですから、病棟での化学療法の準備、施行、科学療法や放射線療法による副作用への対応なども看護師の大事な仕事になりますね(^^)

 

消化器外科の患者さんの特徴は?どんな疾患が多いのかな(・・?

 

消化器科には消化器内科と消化器外科があります。
病院によっては、外科の中に消化器外科も含まれているたり、消化器科として内科と外科が両方備わっている場合もありますが、大きな病院などでは単独の診療科として存在している病院も多いですね(^^)
消化器外科では、食道、胃、大腸、小腸、肛門、肝臓、胆のう、膵臓など食べ物の消化、吸収に関わる全ての消化器系臓器の疾患を対象として診療しています。
ですから、様々な外科の分野でも幅広い領域の診療を行っている診療科になりますね。
消化器外科で取り扱っている疾患には、食道癌、胃癌、胆道癌、胆石症、膵癌、肝細胞癌、膵臓機能亢進症、大腸癌、腸閉塞、潰瘍性大腸炎、クローン病、虫垂炎などがあります。
消化器外科での治療は、主に手術などの外科的な治療を行っていますから、癌の患者さんも多いですね。
日本人の死因では癌が非常に多く、その中でも男性の2位は胃癌、3位が大腸癌、女性の1位が大腸癌、3位が胃癌となっていますから、消化器外科は非常に重要な診療科になっていますね。
一般的な外科では、手術をすれば治癒されるケースが多いのですが、消化器外科の患者さんは、術後も治療が必要になる患者さんが多いですね。
癌の患者さんは、手術をしても術後に科学療法や放射線療法が必要になる場合がほとんどです。
ですから、術後創部が回復して終了という経過は少なく、術後も数週間入院加療が必要になります。
また、大腸性潰瘍炎や、クローン病のように慢性特定疾患に認定されるような難治性の疾患も多く、長期にわたって診療を必要とする患者さんが多いのも特徴になりますね。
消化器外科の患者さんは、食べること、排泄をすること、人間が生きる上で必要な器官に疾患をもっていますから、非常に大きな不安と苦痛を抱えている患者さんが多いですね(>_<)

 - 夜勤の診療科

スポンサードリンク

スポンサードリンク