もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

精神科の患者さんの特徴は?どんな疾患が多いかな(・・?

      2017/10/17

6a34989fc19f7fa81c2719aa18a134b8

精神科の患者さんの特徴は?どんな疾患が多いかな(・・?

精神科は、医療機関によって規模も違えば、取り組み方や得意分野もだいぶ変わってきますね。
精神科と一言で言っても取り扱う領域は幅広く、急性期症状の精神科、慢性期症状の精神科、単科の精神科、総合病院の精神科、身体合併症病棟、認知症病棟、思春期専門病棟、薬物専門病棟、閉鎖病棟、解放病棟と様々あり、その精神科によって扱う疾患もだいぶ変わってきます。
精神科疾患というと、非常に特殊な病気のように感じ、自分とは無縁のものと考えてしまいがちですが、精神科疾患を知ると、「あら、なんだか自分にも思い当たるわ…」と思われる事も意外と多かったりします。


精神科疾患で多いうつ病などは、どんな人でも発症することのある心の病気です。
ストレスの多い現代において、精神科は非常に身近な病気になっているのです。
ある日突然、自分の友人や家族、自分自身が発症するかもしれない病気が精神科疾患には多くあります。
精神科疾患として代表的なものには、精神分裂症、うつ病、躁病、神経症、人格障害、摂食障害、思春期、青年期精神障害、心身症、児童期精神障害、老年期精神障害などがあります。
精神分裂病では、自我の機能低下を基礎に、幻覚や妄想、興奮、思考の解体などをきたす疾患です。
以前は不治の病のような誤解や偏見もありましたが、最近では薬物療法や精神療法、リハビリによって社会復帰が可能な疾患ですね。
うつ病は、非常に多くの人が発症している社会的にも問題になっている疾患で、「心の風邪」「心のガス欠」ともいわれるほどに頻度の高い疾患ですね。
摂食障害は若い女性に多く、無理なダイエットから発症し、過食と拒食を繰り返しうつ病などを併発することもあります。
ひきこもりや、不登校、家庭内暴力は、思春期、青年期精神障害からきていることもあります。
若い男性に多く、将来的にDVや幼児虐待へとつながるケースもありますね。
また、強いストレスによって発症する心身症では、胃潰瘍なども心身症の一つと言われています。
このように、精神疾患の患者さんは児童から高齢者まで幅広い年齢層の患者さんがおり、症状も非常に多様にあることが特徴ですね。

 

精神科の看護師業務を教えて(^^)/

精神科の看護師業務は、他の診療科に比べると医療行為は少ないですね。
精神科の入院患者さんは、精神科疾患によって日常生活を健全に過ごす事が困難な患者さんになります。
例えば、うつ病によって酷い自殺企図があり常に監視が必要な状態であったり、幻覚や妄想によって社会に適応できず、周囲に暴力行為や迷惑行為があるため入院加療が必要になったり、薬物やアルコールの依存があり、入院加療がなければ絶つことが出来ない患者さんが入院しています。

患者さんの中には、食事や排泄、入浴など一人で出来る患者さんもいますが、精神的に不安定な状況から看護師の介助が必要であったり、高齢者で身体機能の低下があり介助が必要な患者さんもいますから、必要に応じて生活上のケアを行っています。
精神科疾患の患者さんの服薬管理は、定期的な内服薬に加え、精神状況を見ながら必要に応じて内服薬の増減が必要になります。
ですから、患者さんの状態観察や行動観察は非常に重要な看護師の仕事ですね。
精神科疾患で入院している患者さんは、自殺企図や自傷行為よって自分自身を傷つけてしまう恐れがありますし、暴力行為によって他人を傷つけてしまう恐れもありますから、患者さん自身や、周囲の入院患者さんの身の安全の確保も重要な看護師業務になりますね。
精神科疾患の患者さんは、入院加療によって社会復帰することが一番の目標です。
対人関係や問題解決能力を獲得するための支援も大事な業務になりますね。
他人と良好な関係を築く事が出来るように、問題を解決できるように、看護師がうまく導いていくことも必要になります。
このように、精神科では他の病棟のような目に見える形の医療行為や看護業務よりも、心のケアが中心となった看護業務になるのですね(*^_^*)

精神科の看護師に向いているのはどんな人?必要な知識を教えて(^^)/

 

精神科病棟では、長期にわたって入院する患者さんも多くいます。
中には、何十年もの間、入退院を繰り返している患者さんもいて患者さんとの関わりも深いものになりますね。
精神科疾患の患者さんが社会復帰できるよう、心の問題を解決していくためにも、看護師は患者さんとの信頼関係を築く事が大切になります。

ですから、精神科の看護師は患者さんとじっくり関わりたいと考える人に向いていますね。
精神科では、医療行為が少なく看護師としてスキルアップが出来ないとか、物足りないと感じる人もいるかもしれません。
しかし、精神科では医師の指示のもと医療行為を行うだけではありません。
看護師自身が、患者さんがどんな看護を必要としているか、個別性に合わせて考えながら実行していくことが出来るのです(^^)
そういった看護を展開していく中で、患者さんが心をひらいてくれたり、社会に復帰できるようになる姿を見ることが、看護師として大きなやりがいにつながりますね。
精神科の看護師は、他の診療科以上にコミュニケーション能力を必要とされますね。
精神科疾患の患者さんは疾患によって心を閉ざし、コミュニケーション能力が著しく低下している患者さんも多いですね。
そういった患者さんと接するには、自分のペースで会話を進めたり、もどかしいからとキツイ口調になってしまうのは逆効果になってしまいます(>_<)
ですから、患者さんのペースに合わせることのできるスキルも必要になりますね。
精神科疾患の患者さんとうまく関わっていくには、それぞれの疾患の特徴をしっかり把握し、広い知識が必要になりますね。
また、心の病は体の病も引き起こします。
患者さんの状態から、隠れた疾患がないか観察、判断出来る知識も必要になりますね!(^^)!

 

 - 夜勤の診療科

スポンサードリンク

スポンサードリンク