もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

泌尿器科の看護師ってどんな人に向いているかな?必要な知識を教えて(^^)/

      2016/08/17

3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s

男性患者さんの割合が多い泌尿器科

泌尿器科は、男性患者さんの割合が多い診療科になりますね。
女性も対象となる泌尿器科ですが、デリケートな部分であるため、女性患者さんは泌尿器でのトラブル時は婦人科を受診するケースが多くなります。
また、泌尿器科で対象となる前立腺は男性に限られる事もあり、男性患者さんが多くなるんですね。


泌尿器科は、男性看護師の割合の多い診療科

ですから、女性看護師では抵抗があるという方もいて男性看護師の割合の多い診療科です。
男性看護師は、婦人科や産科では活躍の場がありませんが、泌尿器科では男性看護師が活躍しやすく、男性看護師に向いている職場ですね。
看護師の世界は女性が多く、職場の人間関係で悩んでいる看護師も多くいますよね。
泌尿器科は男性看護師が多く働いている職場も多いため、わりと人間関係が良好と言われています。
ですから、女性ばかりの職場で人間関係に悩んでいる看護師にもお勧めの診療科ですよ(^^)/
また、デリケートな部分での治療になるため、患者さんも疾患に関する不安や悩みなどをなかなか話しづらいと感じています。

泌尿器科は、コミュニケーション能力をもっている看護師に向いている診療科

ですから、患者さんが出来るだけ話しかけやすい雰囲気を持っている、コミュニケーション能力をもっている看護師に向いている診療科でもありますね。
泌尿器科では、術前術後の看護や、癌看護も学ぶことが出来ます。
また、急性期の患者さんから、慢性期の患者さん、内科的治療から外科的治療と幅広い診療を行っているため、幅広い知識と技術を学ぶ事が出来ます。
ですからバランス良く広い知識を身に付けた看護師にも向いている診療科になりますね。
泌尿器科で働く看護師が取得しやすい資格に、排尿機能検査士や感染症看護専門看護師などがあります。
どちらも身につけていると便利な資格になりますね!(^^)!

 

泌尿器科の看護師業務を教えて(^^)/

 

泌尿器科での看護師業務は一般的な看護業務として、バイタル測定や採血、点滴、服薬管理、診察の介助、処置などの他の診療科と同様の看護師業務の他に、手術前後の看護もあります。
泌尿器科の患者さんは、腎臓や膀胱、尿感や尿道の疾患治療や手術目的で入院している場合が多くなります。
特に泌尿器疾患の中でも前立腺肥大や、前立腺癌、膀胱癌などの手術目的での入院も多いですね。

手術前は、手術の説明や術前検査を行い、オペ出し、オペ迎え、術後は1時間おきのバイタル測定や全身状態の観察、合併症予防などがあります。
手術の際は、患者さんの不安も大きくなるため、患者さんの不安に耳を傾ける事も大事な仕事になりますね。
前立腺癌や膀胱癌の患者さんでは、術後に化学療法や放射線療法が必要になる場合もありますから、そういった治療での業務もありますね。
泌尿器科の患者さんは尿漏れや尿閉など排尿障害の患者さんが多く、留置カテーテル管理の患者さんも多いですね。
尿量の測定や、尿の性状の観察も大事になりますし、異常の早期発見に努め、ドクターに報告しなくてはなりませんね。
また、入院患者さんでは高齢者の尿路感染症や、腎盂腎炎の患者さんも多くいます。
高齢者の患者さんは肺炎や尿路感染症を起こしやすく、重症化しやすいため入院加療になることが多いんですよね。
高齢者の患者さんが多くなると、生活面での援助も多くなりますね。
食事の介助や、おむつ交換やトイレ誘導などの排泄支援、入浴介助や清拭などの清潔支援なども多いですし、体位交換なども増えますね。
泌尿器科では、男性患者さんが多い傾向にありますが、デリケートな部分での疾患になります。
ケアの際も患者さんの気持ちを配慮したケアが必要になりますね!(^^)!

 

泌尿器科の患者さんの特徴は?どんな疾患が多いかな(・・?

 

泌尿器科は、腎臓、尿感、膀胱、尿道などの尿路系、副腎などの内分泌系、睾丸、精巣、陰茎、前立腺などの男性生殖器系を扱う診療科です。
泌尿器におけるトラブルは、男性の患者さんとっても、女性の患者さんにとっても非常にデリケートなものですね。
泌尿器科は男性が多いイメージがありますが、やはりデリケートな部分の疾患ですから、女性は泌尿器科よりも婦人科を受診することが多いからですね。

高齢者になると、女性も尿路感染症や腎盂腎炎を起こしやすく、受診する機会も多くなります。
発熱や、血尿などで受診する高齢者の多くは、尿路感染症や腎盂腎炎の患者さんです。
高齢者はそういった感染症から命の危機になることもあり、点滴などを行いながら入院加療となるケースが多いですね。
泌尿器科疾患で多い疾患では、前立腺肥大や、前立腺癌、膀胱炎や尿路感染症、腎盂腎炎、尿路結石などがありますが、最近は性病の患者さんも増えてきましたね。
性病の患者さんは、感染によって急性尿道炎を引き起こします。
淋菌性やクラミジア性、雑菌性などの違いによって分泌物も異なり、抗菌薬によって治療をしています。
若い男性で泌尿器科を受診する場合は、性病の場合が多いですね。
泌尿器科を受診する症状としては、血尿や排尿時痛、頻尿、尿閉などが多いですね。
男性であれば、前立腺に関わる疾患が多く、前立腺肥大や、前立腺癌では手術などの入院加療が必要となることがあります。
また、入院加療を必要とする患者さんでは高齢者が多く、他に基礎疾患を持っている患者さんが多いのも特徴ですね。
総合病院など規模の大きな病院では、腎移植なども行われていますよ。

 - 夜勤の診療科

スポンサードリンク

スポンサードリンク