もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

血液内科の患者さんの特徴は?どんな疾患が多い?

      2016/08/17

e270162e95d6a8553b27559bba868ca8

血液内科の患者さんの特徴は?どんな疾患が多い?

血液内科の患者さんの特徴は、難治性の疾患が多く長期にわたって治療が必要となる患者さんが多いということです。
血液内科で取り扱う病気には、大きく4つに分けると、急性骨髄性白血病や骨髄異形成症候群などの骨髄細胞の腫瘍、急性リンパ性白血病や悪性リンパ腫などのリンパ球の腫瘍、再生不良性貧血や溶血性貧血などの貧血性疾患、突発性血小板減少紫斑病などの血小板異常に分類されます。
血液内科では血液の病気を全般に扱っていますが、病棟に入院している患者さんでは白血病や悪性リンパ腫、骨髄腫などの造血器悪性腫瘍などの疾患が多いですね。


厚生労働省の特定疾患に指定される病気などもあり、血液内科に入院している患者さんは長期入院になったり、入院を繰り返す患者さんが多いのです(+o+)
血液疾患は若い人でも発症する疾患が多く、若くして完治することのない難治性の疾患を発症し、精神的なダメージも大きい患者さんも多くいます。
白血病は小児でも発症しますし、痛みを伴う検査や、辛い治療、孤独な無菌室での生活を長期にわたって余儀なくされる患者さんは、病気による痛みや苦痛だけではなく生活全般に一変する大きな苦痛を伴っています(>_<) ですから、血液内科病棟は他の病棟に比べて特殊な雰囲気がありますね。 また、血液内科は高度な医療を必要としますし、ICUや無菌室が必要となるため、小規模の病院にはない診療科になります。 血液内科病棟では、感染しやすい患者さんが多いことから徹底的なガウンテクニックなどが必要になります。 看護師も感染症対策に対しては他の診療科以上に気を使いますね。 血液内科では重症度の高い患者さんも多くて、急変なども多い病棟ですね(>_<)

 

血液内科の看護師の業務内容を教えて(^^)/

 

血液内科での看護業務は、他の病棟と同じようにバイタル測定や、採血、点滴、服薬介助など一般的な看護業務に加え、血液内科に特徴的な化学療法や骨髄移植での看護業務があります。
血液内科に入院する患者さんは、白血病や悪性リンパ腫、骨髄腫など悪性の疾患が多く毎日のように化学療法がおこなわれています。
抗がん剤の点滴は、投薬のミスのないよう、血管から漏れることのないよう非常に気を使いますね(>_<)

 

毎日のように点滴や化学療法を行っていることで、末梢からの点滴も難しくなっていきますから、看護師も毎日プレッシャーが大きいのです。 また、骨髄移植は血液疾患特有の治療ですね。 骨髄移植の際は無菌室での治療もあり、看護師は無菌室での清潔操作を行い、治療により免疫力の著しく低下している患者さんが感染症にかからないように気をつけなくてはなりません。 血液内科では脊椎穿刺による検査もあり、看護師は検査の介助も業務の一つです。 検査の際も、痛みが伴うため患者さんにとっては苦痛なものです。 看護師は、検査の介助とともに、患者さんの不安を軽減できるよう検査についての説明を行ったり、患者さんの苦痛を軽減できるよう看護が必要になります。 血液疾患は完治が難しく、疾患に対する不安も大きい中、辛い副作用のある治療を受けることは、患者さんにとって大きな苦痛ですね(+o+) 科学療法や放射線療法による副作用は、吐き気や脱毛を引き起こし肉体的にも精神的にも辛い治療になります。 患者さんの中には余命宣告されていたり、長期入院を余儀なくされ非常に大きなストレスを抱えています。 若い患者さんも多いことから、死に対する恐怖心、家族を残して先立つことへの不安を抱えていますね(>_<)
患者家族もまた患者さんを支えるため大きな負担があります。
血液内科で働く看護師にとってそういった患者さんや患者家族の不安に耳を傾け、思いに寄りそう事がとても大切ですね。

血液内科の看護師ってどんな人に向いていますか?血液内科で働く為に必要な知識は?

血液内科は、血液全般の病気を治療する診療科で、難治性の疾患や完治の難しい疾患が多く、治療も高度な医療を用いていますから、専門的な知識を必要とします。
血液内科では、行われている検査も治療も専門性が高く、他の病棟では経験できないような事も多くあります。
また、骨髄移植の際には無菌室での治療もあり、看護師は非常に清潔操作、感染対策に関する知識は必須ですね。

血液内科では、看護師に求められるスキルも高く、看護師として高いスキルを身につけたいと考える看護師に向いている仕事ですね(^O^)
また、血液内科で治療する患者さんは、難治性の高い疾患を患い、予後に対する不安も大きいですね。
血液疾患では壮年期や若年期での発症もあり、まだ学生であったり、幼い子供を持つ母親や父親も多くいます。
元気であれば、学校に行き楽しく過ごす事ができていた、元気であれば家族の大黒柱としてバリバリ働いていた、元気であれば幼い子供の成長を傍で見守り家庭を守っていた…。
そんなことが叶わないジレンマも大きく、予後不良の患者さんにとっては残される家族への想いもあり、入院中は精神的な苦痛が非常に大きく悲観的になりがちなのです(>_<)
検査や治療にも痛みを伴い、辛い副作用もあることから、前向きに治療に専念することが出来なくなったり、医療者に対する不満や不信感も大きくなりがちです。
血液内科で働く看護師にとって、そういった患者さんとの信頼関係を築くことはとても大切になりますね。
また、患者さんを支える家族の苦悩も大きく、血液内科で働く看護師はそういった家族を支える役目もあります。
血液内科で働く看護師は高度な医療の知識や技術を求められた上に、患者さんや、患者家族の精神的なフォローも出来るコミュニケーション能力を持つ看護師の方が向いていますね(^^)/

 - 夜勤の診療科

スポンサードリンク

スポンサードリンク