もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

呼吸器外科の看護業務の内容を教えて(^^)/

      2016/08/17

67499797fdfca8bbe5ca34162df1d6bf

呼吸器外科の看護業務の内容を教えて(^^)/

呼吸器外科では、呼吸器疾患の中でも外科的な治療が多くなりますから、一般的な看護業務に加え、術前術後の看護や外科的な処置が多くなります。
一般的な業務としては、バイタルサインの測定や、全身状態の観察、呼吸状態の観察、点滴や採血、服薬管理、清潔ケアや食事介助、回診の介助などがあります。
オペが多いことから、オペ前の説明やオペ前検査の介助なども多いですね。

オペを受ける患者さんは、オペに対する不安も大きいですから不安を軽減できるよう、オペ前の説明もしっかり行い、患者さんの不安な気持ちに耳を傾ける事も大切ですね(^^)
また、オペ後はバイタルサインの測定と全身状態の観察、モニターチェックをこまめに行いオペ後合併症の予防に努めます。
オペ後は酸素や点滴を行っていますから、そういった酸素の管理や輸液管理も大切ですね。
また、呼吸器外科でオペを受ける患者さんに多いのが肺癌の患者さんです。
肺癌の患者さんは、オペ後化学療法や放射線治療を行うことも多く、抗がん剤の点滴を施行したり、副作用の出現に注意し対応しています。
化学療法や放射線療法の副作用は、吐き気や食欲不振、発熱、脱毛など辛い症状がでるため、精神的に大きな苦痛がありますね(>_<)
そういった患者さんの精神的な面でのケアも大事になりますね。
癌を発症した患者さんにとって、たとえ癌を切除しても、再発や転移の不安が付きまといます。
患者さんだけでなく、患者家族も同様に不安を感じていますから、そういった不安の軽減を図ることは呼吸器外科の看護師にとって大切なことですね。
また、オペ後は安静が必要であったり、体の自由がきかないことから、生活面での
ケアもあります。
オペ後は痛みもあり、疼痛緩和も必要になりますね。
患者さんがどの程度の痛みを感じているのか良く観察し、患者さんの訴えに耳を傾ける事も大切ですね(^^)/

 

呼吸器外科の患者さん特徴を教えて!(^^)!どんな疾患が多い?

 

呼吸器科外科では、肺や気管、気管支、横隔膜などの呼吸器に関する疾患の外科的治療を必要とする患者さんが対象になる診療科です。
呼吸器疾患と言うと内科に分類される疾患が多いですが、そういった疾患でも呼吸器外科では、より集中的診療、治療を行っているのです。
呼吸器外科で扱う疾患では、肺悪性腫瘍、肺良性腫瘍、肺気腫、胸腺腫、胸壁腫瘍、悪性胸膜中皮腫、胸部外傷、重症筋無力症などがあります。

こういった疾患の中でも呼吸器外科病棟に多く入院しているのが肺癌の患者さんですね。
肺癌は男性の死亡率の第1位を占めていますし、女性の死亡率も増加傾向にあります。
また、最近は高齢者の患者さんが増え、肺癌に他の疾患も併発しているケースも多くありますね。
呼吸器外科では、そういった呼吸器疾患のオペや胸腔ドレナージなど外科的な処置が行われています。
呼吸器疾患というのは、呼吸器の疾患であることから、人間が生きていく上で重要な呼吸に支障をきたします。
ですから呼吸苦は痛みよりも死の恐怖を感じることになりますから、精神的な苦痛を感じている患者さんも多いのです(>_<)
また、呼吸器外科に多い肺癌の場合、転移も多く骨転移や肝転移、脳転移などがみられます。
脳転移では人格まで変わってしまうこともあり、患者家族も辛い思いをしていますね。
呼吸器外科では、こういった患者さんが多いことから、オペでの外科的な治療に加え、化学療法や放射線療法を行っている患者さんも多く入院していますね。
最近は医療が進歩したことにより、胸腔鏡手術で創部も小さく診断、治療することができるようになってきたため、回復も早く早期に離床、退院する患者さんも増えていますね!(^^)!

 

呼吸器外科の看護師ってどんな人に向いているの?必要な知識を教えて(^^)/

 

呼吸器外科では、オペなど外科的な治療を行っていますから、外科での看護を学びたい人に向いている診療科ですね。
呼吸器内科は慢性期の患者さんが多いですが、呼吸器外科は急性期の患者さんも多く、急性期看護を学ぶ事が出来ます
また、呼吸器外科では肺癌の患者さんが多いことから、癌看護専門看護師や癌化学療法認定看護師など癌看護を学びたい看護師にもむいていますね。

呼吸器外科では、オペ後早期退院を目標としていますから、あまりじっくり患者さんと関わりをもつ時間はもてませんが、回復して元気に退院していく患者さんの姿を見ることができ、大きなやりがいにつながりますね(*^_^*)
呼吸器外科では、オペなど外科的な治療がほとんどですから、オペ後やオペ前の看護の知識が必要になりますね。
オペ前は患者さんの不安も大きいですから、オペに対する不安の軽減を図るため、患者さんの質問に答えることができるように知識が必要になります。
オペ後は急変なども多いですから、重大な合併症などの兆候がないか観察も大事ですね。
オペ後は合併症により生命の危機もありますから、看護師の役割は大きいですね。
また呼吸器科疾患の患者さんは酸素療法が必要であったり、人工呼吸器の患者さんもいます。
退院後も在宅酸素療法が必要な患者さんもいますから、指導が必要になります。
生活指導も含め患者さんに説明ができるよう知識が必要になりますよ。
呼吸器疾患の専門知識を身につけることは、生活習慣病の予防としても知識を学ぶ事ができますから、自分の日常的なところから気をつけることもできますし、身近な家族に対しても知識を活用することができますね!(^^)!

 - 夜勤の診療科

スポンサードリンク

スポンサードリンク