もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

家族の介護って体力的な負担も大きいけど、金銭的な負担も大きいですね(;´Д`A

      2016/08/20

20110602224843-10S
私は、民間の病院で夜勤専従ナースとして働いています。

以前は日勤、夜勤のある一般的な病棟ナースとして働いていました。

半年前、同居の父親が脳梗塞で倒れてしまい、父は在宅介護を必要とする体になってしまったんです。


いつかは親も歳を取り、娘である私が親の介護をしなくてはならないだろうとは思ってました。

でも、その時がまさかこんなに早く来るとは思ってなかったんです(u_u)

まだ50代後半の父親は、在宅で過ごすことを望んでいたため、自宅をリフォームして父親の介護生活が始まったのです。

しかし、高齢者と違い医療費も高いし、介護用品にもお金がかかりますね(;´Д`A

一家の大黒柱で、稼ぎ頭の父親が病気になったことは、我が家にとって大きな痛手でした(>_<) 父親が病気になったことで生活は一変しました。 麻痺が残り、嚥下機能も低下した父は、今まで通りの生活が出来ないため、24時間介護の手が必要です。 母親も高血圧や高脂血症、糖尿病があるため、無理はできません。 夜間はほとんど起きることがないのですが、日中は頻回にトイレに行くし、その度に介助が必要だし、トランスなど母親には負担が大きいんですよね(;´Д`A そこで、私が夜勤専従の仕事に転職することにしたんです。 夜勤専従の仕事であれば、日中は介護に専念することができます。 それに、夜勤専従の仕事は給料も高収入ですから、家計の足しにもなりますね。 夜勤専従の仕事に転職したおかげで、収入面でも安定できたし、介護の時間も確保できるようになりました(^_-) 在宅での介護って、想像していたよりも大変なんですね。 夜勤専従の仕事に転職したからこそ、介護と仕事を両立させながらも高収入を得ることが出来ていますよ〜(*´艸`*)

 - 夜勤専従看護師に向いている人

スポンサードリンク

スポンサードリンク