もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

16時間勤務の夜勤専従看護師の仕事。睡眠不足って疲労の原因になりますね(>_

      2016/08/19

pixta_5753548_S
夜勤専従の働き方って、プライベートを重視した働き方が出来るから魅力的ですよね。

夜勤専従常勤としての働き方をするために転職した私は、最近なんだか体の調子がイマイチなんですよね(+o+)

本来人間は、朝起きて夜になったら寝るのが自然のサイクルですよね。


でも、夜勤専従の仕事は夜勤勤務しかありませんから、朝早く起きて仕事に行くなんてこともありません。

夜ほとんど眠らずに仕事をしているため、夜更かしをしても眠いということはあまりなく、日々夜型人間になっていくのを感じています。

夜勤専従の生活にもすっかり慣れてしまい、夜勤明けでも帰って寝るなんてことはありません。

夜勤明けは朝に仕事が終えれば1日フリーですから、寝るなんてもったいないんですよね。
だから、夜勤明けは結構活動的に過ごしていました。

習い事や趣味の時間にあてて、夜まで寝ずに過ごしているんです。

下手に寝てしまうと1日がもったいないと思ってしまうことと、その方がなんとなく体もだるくならないような気がしていたんです。

その分夜は早く寝ようなんて思っても、夜勤明けの夜は目がさえてしまってなかなか寝付けないんですよね(-“-)

そんな生活が当たり前になってしまい、気付けば私は慢性的な寝不足になっていたんです。

体が常にだるくて、肩こりや頭痛が慢性的になってしまっていました。

なんだか冷え症も酷くなってしまって、足のむくみもかなり目立つようになっていました。

寝なくても大丈夫!と思っていたのは気持ちだけで、実際体には寝不足が疲労の原因になってしまっていたんですよね(>_<) 体を壊さないためにも、夜勤専従の仕事をするなら、夜勤以外の日は出来るだけ規則正しい生活を心がけるなど生活リズムを整えるようにしなければいけませんね!(^^)!

 - 夜勤専従看護師のデメリット

スポンサードリンク

スポンサードリンク