もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

小さい子供がいるママさんナースが夜勤専従の仕事をする場合は家族の協力が必要ですね!(^^)!

      2016/08/18

pixta_13840419_S
夜勤って子供が小さいうちは無理っていう場合が多いですよね。

だから、私も出産後は夜勤のないクリニックに転職していました。

でも、夜勤がないから子育てとの両立がしやすいかと言えば、そうでもありませんね。


日勤だけの仕事って、意外と不便なことが多かったんです(+o+)

子供の保育園行事は平日だし、予防接種や健診も平日だし、用事が平日の日中に集中するんですよね。

でも、クリニックみたいな小規模の職場はスタッフが少ないから、休みが取りづらくて働きにくいって思う事が多かったんです。

夜勤専従の仕事に転職してからは、日中の時間が自由だからとても助かっていますよ。

夜勤専従だと、休みも多いし子供と過ごす時間も増えて一石二鳥(*^_^*)

夜勤専従の仕事をしているママさんナースも多くいるのも納得ですね。

でも、子供が小さいから夜勤中の預け先って重要ですよね。

私の働く病院の24時間保育可能な院内保育園を利用しています。

最近はママさんナースが夜勤業務をしやすいように24時間院内保育園を完備している病院もふえましたね。

でも子供って急に体調を崩してしまうことがありますよね。

そんな時はやっぱり家族の協力が必要になりますよね。

うちの病院みたいに院内保育園のない病院で夜勤専従の仕事をする場合も、もちろん家族の協力は不可欠です。

夜勤は日勤以上に、急な休みは困りますよね(T_T)

日勤であれば、欠員があってもなんとか少ないスタッフで仕事をこなすことができます。

でも夜勤のようにスタッフが2~3人しかいない場合は、代替え要員を探さなくてはなりませんし、必ずしも代替え要員がみつかるとも限らないのです。

だから、どんな場合においても子供が急に具合が悪くなった時の預け先などしっかりと決めておかなくてはなりませんね

 - 夜勤専従看護師のデメリット

スポンサードリンク

スポンサードリンク