もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

夜勤専従の仕事をするには、夜間いない時の家事や食事の準備など家族の協力が必要ですね!

      2016/08/18

pixta_11804890_S
私は家事と育児をしながら、介護施設に夜勤専従として働いています。

夜勤専従の仕事と家事、育児の両立は、家族の協力があってこそ両立出来ているんですけどね(*^^*)

うちは、婿取りなんで実両親と同居しているんです。


旦那の両親との同居だったら、世間一般のお嫁さんたちのように気をつかうと思うのですが、実両親なのでそこは楽をさせてもらえていますね。

夜勤専従で働くことに、家族は最初反対でした(;´Д`A

子供もまだ保育園だし、主婦であり母である私が夜に家を開けるのは抵抗があったみたいですね。

でも、定年をむかえた父と母、祖母、私たち4人家族の生活費って結構かかるんです。

年金から生活費としていくらか入れてもらっていますが、旦那の給料と私の給料を合わせても貯金などする余裕はありませんでした。

だから、将来の事とかを考えて年収がアップできる夜勤専従常勤の仕事に転職したんです。

なんだかんだ言っても、家族のために夜勤専従の仕事に転職したので、家族も協力してくれています(^o^)

夜勤の時って、16時間勤務だから家族の夕ご飯や朝ごはんの準備が必要ですよね。

夜勤専従をしているママさんナースの大半が、このご飯準備に頭を悩ませていますね。

うちも家族が多い分、作るのはかなり時間がかかってしまいます(;´Д`A

私が夜勤前にある程度下準備をして行くと、母が残りの準備をしてくれています。

旦那も子育てには協力的なので、お風呂に入れてくれたり、遊び相手になってよく面倒をみてくれているようですね。

おかげで私も安心して夜勤専従の仕事が出来ていますよ。

夜勤専従に転職して貯金も増えつつあるので、今度みんなで家族旅行に行くことにしました。

夜勤専従ナースとして働けるのも家族のおかげですからね、家族サービスしなきゃです(*´艸`*)

 - 夜勤専従看護師のデメリット

スポンサードリンク

スポンサードリンク