もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

夜勤は日勤に比べると、一般的に業務量が少ないですね(^_-)-☆

      2016/08/19

pixta_7443459_S
月曜日の日勤って、気分的に憂鬱になるものでした(-“-)

病棟は年中稼働してはいるものの、週末はドクターが休みであったり、病院自体が休みだから、オペなども緊急を除けば行われないし、わりと穏やかですよね。

その分月曜日は、週末分の報告やオーダーで大忙しです(+o+)


そんな慌ただしい雰囲気が苦手だった私は、夜勤専従の仕事に転職したんです。

夜勤専従の仕事は、夜勤業務だけだから、出勤する夕方にはバタバタした時間を過ぎ、やや穏やかになる時間だから、ちょっとホッとしています。

でも、夜勤専従の仕事は楽なではないんですよ。

夜間は急変も多いし、うちの病棟は夜間もナースコールが鳴り響いて座る暇もないことがあります。

夜間の緊急入院も多い時は2件たて続けにあったりして、仮眠が取れない事もあります。

でも、そんな事態に備えて夜勤業務は少なくなっていますよね。

夜間はナースが3人しかいませんし、夜勤帯で行わなければならないことのみの業務内容です。

だから、わりと穏やかな夜勤の時は待機時間で座っている時間も多くあるんですよね。

日勤の時は、そんな座っていられる時間なんてほとんどありませんからね。

それに、勤務者が少ない分、気を使わない楽さもあります(^o^)

私が以前働いていた病棟は、人間関係が悪い職場で、お局ナースとか、性格のキツイナースが多くいて、正直あまり関わりたくないなって思っていたんです。

夜勤専従のように人数の少ない勤務だと、あまりそういった人間関係のゴタゴタに巻き込まれないで済みますね。

夜間は何が起きるか分からないから、一概に業務量が少なくて楽とは言えませんが、私は夜勤専従の仕事の方が好きですね。

しかも給与も高いし、休みも多いから、ちょっとくらい大変でも夜勤専従のメリットを選んでしまいますね(^_-)-☆

 - 夜勤専従看護師のメリット

スポンサードリンク

スポンサードリンク