もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

夜勤専従看護師で仮眠や休憩がしっかり取れる職場っていいですね(^_-)-☆

      2016/08/19

pixta_4995608_S
私は夜勤専従パートで様々な職場で夜勤を経験しました。

職場によって夜勤での労働量はかなり変わってきますね。

やっぱり一番大変だった職場は、大学病院や一般病院ですかね(+o+)


急性期の患者さんが多い病棟は、急変やステルベンも多くて仮眠や休憩など全然取れない日も多くありましたよ。

慢性期の患者さんが多い病棟は急変とかが少ないから楽かと思えば、意外にそうでもありませんでした。

慢性期病棟に多い高齢者の患者さんは、認知症の方が多くて認知症の周辺症状で不穏状態になることが良くあるんですよね。

認知症の症状が進行して叫んだり暴れたり、目が離せなくてナースがつききり…なんてこともあります(+o+)

そんな事が多い職場での夜勤は大変なんです。

夜間はナースの人数が少ないから、忙しいと仮眠も取れない、食事の休憩も取れない…。

3交代夜勤だったらまだ我慢できますが、2交代夜勤でそんな状態だと朝まで集中力が続きませんね。

でも病院が一概にすべてハードな職場だったわけでもありません。

私が働いたことのある整形外科病棟では、夜間は静かで仮眠や休憩もしっかり取れていました。

オペ後の患者さんもいましたが、急変もほとんどなかったし、わりと患者さんの平均年齢も若かったんです。

だからナースコールも少ないし、おむつ交換や食事介助がない分楽だったんですよね。

介護施設の夜勤専従の仕事をした時も、比較的仮眠や休憩が取れていましたよ。

介護施設は、高齢者が多いから認知症の方の不穏対応もありましたが、体調が安定している人がほとんどだから病院のようなハードさはありませんでしたよ。

2交代夜勤の場合は、たいてい19時過ぎくらいから食事休憩、消灯時間後から仮眠時間がありました。

仮眠時間は2時間の職場がほとんどで、中には3時間の仮眠が取れる職場もありましたよ。

仮眠時間や休憩時間がしっかり取れるかどうかで、夜勤明けの過ごし方も変わってくるから職場選びのポイントですね!(^^)!

 - 夜勤専従看護師のメリット

スポンサードリンク

スポンサードリンク