もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

夜勤専従常勤と夜勤専従パートの違いって何? (・・?

      2016/08/19

pixta_5080685_S
夜勤専従常勤だと、このように自由な時間が多く給与も高額であることから、プライベートを重視したい方には好都合な働き方ですね !(^^)!

看護師の働き方として、夜勤専従の仕事は高額収入が得られるとして、人気のお仕事ですよね。

夜勤専従の場合、1回の夜勤の給与が職場や地域によっても異なりますが、2万~4万円と高額なんです。


1回の勤務の時間が16時間程度と長いのですが、その分勤務回数が少ないのも特徴なんですよね (^_-)

夜勤専従の働き方には、常勤と非常勤の働き方があるんです。

夜勤専従非常勤の場合は、パートやバイト、派遣といった働き方になります。

夜勤専従の非常勤の場合、1か月で働く回数は少ない回数でも可能なため、他の仕事と掛け持ちでダブルワークとして働く人も多いんですよ。

非常勤の場合、1回の夜勤手当は2万円から4万円と高額になりますが、社会保険などの様々な福利厚生がありません (;一_一)

しかし、夜勤専従の常勤としての働き方であれば、1回の夜勤での手当は1万5千円程度と手当は少なくなるんです。

でも、常勤として働くわけですから基本給があるので1カ月の給与は30~50万円ほどになるのです。

しかも、一般的な常勤と同じように賞与なども支給されますから、年収は400万円以上、中には600万円を超える職場もあるんですよね。

夜勤専従常勤の福利厚生の中には、院内託児所の利用や寮の利用なども含まれていますから待遇は良いですね (^_-)

夜勤専従の常勤になると、毎日夜勤で大変じゃやないかしら?と心配される方もいますが、1か月の出勤は9回前後です。

だから一般的な常勤としての働き方よりも出勤回数が少なく、休みが多くなり連休も取りやすいんですよね。

夜通しの仕事に不安を感じていた方も、慣れてしまえば楽という方多いですよ。

 - 夜勤専従看護師のメリット

スポンサードリンク

スポンサードリンク