もう失敗しない!夜勤専従看護師求人

1回3.5万円・年収550万円以上!夜勤専従を探すなら、一番効率が良いのは看護師転職サイトです。

夜勤専従は業務内容が少ないって聞くけど、どんな業務内容?

      2016/08/19

pixta_7633116_S
夜勤って業務内容が少ないって聞くけど、どんな業務内容かな?

夜勤は2交代夜勤と、3交代夜勤がありますよね。

私が働いている職場は2交代夜勤で、夜勤専従として働いています。


夜勤専従の常勤の仕事だから、業務内容も覚えやすくて、今ではすっかり夜勤専従の仕事にも慣れて、プライベートを満喫した生活を送っていますよ(*^^)v

うちの病院は、17時から翌日の朝9時までの勤務になります。

17時に出勤すると、患者さんのオペや検査、治療、処置などはほとんど終わっています。

申しおくりを聞いた後は、経管栄養の準備や、夕食の食事介助、服薬介助などを行います。

最近は寝たきりの患者さんが増えて、食事介助も一苦労なんです(+o+)

そのあと、おむつ交換やトイレ誘導、巡視をしながらの点滴交換など行います。

出勤してから消灯時間までは、業務も多くてナースコールも多い時間なんです。

その時間を過ぎれば、後はナースステーションで待機をしながら過ごします。

22時過ぎから2時間ずつ仮眠し入り、その間はナースが2人体制になりますね。

何事もなければ、巡視や、オペ後の患者さんの管理、尿量測定など行いながら、記録など行っています。

ただ、高齢者の患者さんが多くなってきたから、夜間の不眠、不穏、徘徊といった事への対応が最近は増えましたね(+o+)

オペ後の急変や、緊急入院と重なるとナース2人ではこなしきれず、仮眠中のナースにヘルプをお願いする事もあります。

朝方は、採血などもありますし5時くらいからまた忙しい時間になります。

先日はステルベンがたて続けにあり、患者さんの家族の対応やら、死後処置やら…少ないはずの夜勤業務も手が回らず、記録は定時を過ぎてからやっとでした。

夜勤は16時間という長い時間のわりに業務内容は少なめですが、イレギュラーな事態が起こるかどうかによってだいぶ違いますよ(T_T)/~~~

 - 夜勤専従看護師のメリット

スポンサードリンク

スポンサードリンク